コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳鳥斎 にちょうさい

4件 の用語解説(耳鳥斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

耳鳥斎 にちょうさい

?-1802/03 江戸時代中期-後期の画家。
大坂の人。はじめ酒造業,のち骨董(こっとう)商をいとなむ。覚猷(かくゆう)風の戯画を得意とし,扇絵,絵本で好評を博した。享和2/3年死去。通称は松屋平三郎。作品に「絵本水や空」「画話耳鳥斎」など。

耳鳥斎 じちょうさい

にちょうさい

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

耳鳥斎

没年:享和2,3?(1802,03)
生年:生年不詳
江戸中期の上方の町絵師。俗称は松尾平三郎。大坂京町3丁目に住し,酒造業,のち骨董商を営んだと伝える。絵は小柴隼人に学び,安永(1772~81)から寛政(1789~1801)にかけて版刻絵本や肉筆画など多数を手がけた。諧謔味のある個性的な略筆戯画を得意とし,また上方役者似顔絵に先鞭をつけた。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耳鳥斎
にちょうさい

生没年不詳。江戸中期の画家。俗称松屋平三郎。大坂の人。初め造酒業を営み、のち骨董(こっとう)商となった。絵を好み、『鳥獣人物戯画』の作者と仮託された平安時代の鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)や、江戸前期の画僧古明誉(こかんめいよ)(1653―1717)などの略画体を独学し、簡略な筆致による軽妙洒脱(しゃだつ)な戯画風に一家をなした。天明(てんめい)年間(1781~89)には耳鳥斎の扇面画が大坂で非常な流行をみたといい、肉筆画にも優れたが、役者似顔絵本『絵本水や空』(1780)などの版本の絵本で大衆の人気を博した。1793年(寛政5)に没したとする説もあるが、諸資料から享和(きょうわ)年間(1801~04)までの在世が推定されている。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耳鳥斎の関連キーワード籟堂松尾楽只齋松尾翫古齋鳥居清満町絵師平三斗辻村茂兵衛堤雪峰堤等琳(初代)鳥山石燕

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone