鳥獣人物戯画(読み)ちょうじゅうじんぶつぎが

日本大百科全書(ニッポニカ)「鳥獣人物戯画」の解説

鳥獣人物戯画
ちょうじゅうじんぶつぎが

絵巻。四巻。京都・高山寺(こうざんじ)蔵。国宝。12世紀中期~13世紀中期の制作とされ、擬人化された動物の諸態や、人間の遊びに興ずるさまを描き集めた戯画絵巻。「鳥獣戯画」ともよばれる。甲巻は猿、兎(うさぎ)、蛙(かえる)などが人間をまねて遊ぶ模様、乙巻は馬、牛、鶏、獅子(しし)、水犀(みずさい)、象、それに麒麟(きりん)、竜など空想的なものを含めた各種動物の生態、丙巻は僧侶(そうりょ)や俗人が勝負事に興ずるありさまと、猿、兎、蛙などが遊び戯れるさま、丁巻はやはり僧俗の遊び興ずるさまが、それぞれ描かれる。各巻とも詞書(ことばがき)を欠き、絵に説かれる内容、意味が明らかでなく、種々の解釈がなされるが定説をみない。

 筆者は鳥羽僧正(とばそうじょう)覚猷(かくゆう)(1053―1140)と伝称されるが確証はなく、また四巻はそれぞれ制作時期と筆を異にしている。甲巻はもっとも優れ、時期は乙巻とともに12世紀中ごろまでさかのぼるものと思われるが、丙・丁巻は鎌倉期の制作とみてよい。絵はいずれも墨一色の描線を主体とした白描(はくびょう)画で、動物や人物、草木などを闊達(かったつ)な筆で巧みに描出している。とくに甲巻は濃淡、肥痩(ひそう)、強弱の変化をつけた抑揚豊かな描線の筆技が絶妙で、日本の白描画の白眉(はくび)といえる。乙巻もやはり暢達(ちょうたつ)な筆で甲巻に近い様式をもつが、筆致に多少の違いが見受けられる。丙巻は描線が繊細でやや闊達さを欠き、さらに丁巻は粗い筆致で、13世紀なかばごろに描き加えられたものと思われる。いずれにせよ、これら四巻は平安末から鎌倉前期にかけての優れた画僧、あるいは寺院関係の絵師によって描かれたものと思われ、密教図像の作画などで習得された、当時の高度な描線の筆技を知ることができる。

[村重 寧]

『小松茂美編『日本絵巻大成6 鳥獣人物戯画』(1977・中央公論社)』『谷信一編『新修日本絵巻物全集4 鳥獣戯画』(1976・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鳥獣人物戯画」の解説

鳥獣人物戯画
ちょうじゅうじんぶつぎが

自在な描線による白描戯画巻の傑作。一般に『鳥獣戯画』ともいう。 12世紀中頃~13世紀中頃,平安時代後期の制作。紙本墨画,4巻。国宝。高山寺蔵。鳥羽僧正覚猷とも伝えられるが確証はなく,主題画風,制作年代とも各巻ごとに異なる。甲巻は,兎,蛙などを風刺的に巧みに擬人化し,その遊びや行事を描く。前後で2筆に分れ,当初は2巻だったかと推定される。乙巻は現実や空想の動物たちを絵手本風に描き集めたもので,画風は甲巻後半に近い。甲,乙巻とも 12世紀中頃の作。丙巻は人間の勝負事と動物たちの遊びとを前後に描き継いだもので,甲巻とは別趣の達者な筆。 12世紀末の作。丁巻は粗放筆致貴賤の風俗を写し出す。 13世紀中頃に描き加えられたものであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android