聖セバスティアヌスの殉教

デジタル大辞泉プラスの解説

聖セバスティアヌスの殉教

イタリア、マニエリスムの画家ソドマ(本名ジョバンニ・アントニオ・バッツィ)の絵画(1525)。原題《Martirio di San Sebastiano》。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

せいセバスティアヌスのじゅんきょう〔セイ‐のジユンケウ〕【聖セバスティアヌスの殉教】

《原題、〈イタリア〉Martirio di San Sebastiano》ソドマの絵画。カンバスに油彩。縦204センチ、横145センチ。聖セバスティアヌスの姿勢やスフマートの技法などに、レオナルド=ダ=ビンチの影響が見られる。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android