聖ワシリー寺院(読み)セイワシリージイン

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいワシリーじいん【聖ワシリー寺院】

ロシアの首都モスクワにあるロシア正教会の寺院。赤の広場の南東側に位置し、9つの異なった色と模様で飾られた、ネギ坊主のような形のキューポラをいただくカラフルな建物である。カザンハン国との戦勝を記念し、1560年に雷帝イワン4世が建造したが、その美しさに感動した雷帝が、再び同じような建物が造れないよう設計者の目をくり抜いたという恐ろしい逸話が残る。最も高い中央の塔の高さは47mで、内部のバロック様式のイコノスタシク(聖障壁)や18世紀末に描かれた回廊の模様も美しい。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android