コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖基 しょうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖基 しょうき

1204-1267 鎌倉時代の僧。
元久元年生まれ。藤原隆忠の子。山城(京都府)禅林寺静遍(じょうへん)について出家。貞応(じょうおう)元年勧修寺(かじゅうじ)の成宝より灌頂(かんじょう)をうける。文永4年大僧正。勧修寺長吏,東寺長者,東大寺別当をつとめた。南谷大僧正とよばれた。文永4年12月9日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖基の関連キーワードアン ソンギ鎌倉時代眠る男勝信

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖基の関連情報