コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成宝 せいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成宝 せいほう

1159-1228* 鎌倉時代の僧。
平治(へいじ)元年生まれ。藤原惟方(これかた)の子。真言宗勧修(かじゅう)寺の雅宝(がほう)に真言をまなび灌頂(かんじょう)をうけ,また顕慧(けんえ)に三論をまなぶ。治承(じしょう)3年三会(さんえ)の講師(こうじ)をつとめる。元興寺,法隆寺,東大寺,大安寺別当などをへて,承久(じょうきゅう)3年東寺長者・法務となる。のち高野山に隠退。安貞元年12月17日死去。69歳。

成宝 じょうほう

せいほう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成宝の関連キーワードセラミックス鎌倉時代橋本宗吉チタニア合成宝石熱水合成誕生石宝石指輪窯業成都平治道宝光宝聖基宝鶏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android