コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧賞 カンショウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐しょう〔クワンシヤウ〕【勧賞】

[名](スル)《「かんじょう」とも》褒美などを与えて励ますこと。ほめて引き立てること。けんじょう。「勧賞すべき功績

け‐じょう〔‐ジヤウ〕【勧賞】

けんじょう」の撥音の無表記。
「このたびの―には伊予国一箇国を申し預け奉る」〈幸若・腰越〉

けん‐じょう〔‐ジヤウ〕【勧賞】

《「けんしょう」「かんじょう」「けじょう」とも》功労を賞して官位や物品・土地などを授けること。
「後陣の勢の続かざらんに、先駆けたらん者は、―あるまじき由」〈平家・九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしょう【勧賞】

( 名 ) スル
〔「かんじょう」とも〕
功労をほめて、官位や物品を与えること。けんじょう。 「すぐに-行はるべき旨仰せられけるを/承久記」

けんじょう【勧賞】

功労を賞して官位を進めたり土地・品物などを与えること。また、賜ること。かんじょう。 「 -には闕国を給ふべき由仰下されける/平家 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勧賞の関連キーワード先懸(先駆)覚快法親王承久記後陣闕国毛挙

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android