コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖観(2) しょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖観(2) しょうかん

1745-1803* 江戸時代中期-後期の僧。
延享2年生まれ。天明8年摂津東成郡(大阪府)小橋村でみた古文書から,同地に比売許曾(ひめこそ)神社がたてられていたとし,神社を再建。自分の和歌1万首を地下にうめ,独吟和歌1万首の塔をたてたという。享和2年12月14日死去。58歳。姓は埃宮(えのみや)。名は神足法名は別に寂聞,慈眼

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

聖観(2)の関連キーワードクルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争スウィフト(Jonathan Swift)ハプスブルク家ビターリ(父子)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android