コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖観(2) しょうかん

1件 の用語解説(聖観(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖観(2) しょうかん

1745-1803* 江戸時代中期-後期の僧。
延享2年生まれ。天明8年摂津東成郡(大阪府)小橋村でみた古文書から,同地に比売許曾(ひめこそ)神社がたてられていたとし,神社を再建。自分の和歌1万首を地下にうめ,独吟和歌1万首の塔をたてたという。享和2年12月14日死去。58歳。姓は埃宮(えのみや)。名は神足。法名は別に寂聞,慈眼。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

聖観(2)の関連キーワード北村季春蒔田暢斎太田九井神崎寛済桜井東亭桜井栗堂諏訪幾平田中玉峰三谷蘆水蓑内可董

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone