コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖護院きゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

聖護院きゅうり

京都の聖護院付近で江戸時代の天保年間から栽培されてきたといわれるキュウリ。黒いぼの春キュウリで切ると断面がやや三角形になる。昭和中頃に栽培が絶えた。絶滅品種だが、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

聖護院きゅうり[果菜類]
しょうごいんきゅうり

近畿地方、京都府の地域ブランド。
江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)以前から栽培されていたきゅうりをもとに育成されたという。京都市左京区聖護院地区で多く栽培されていた。明治時代中頃に形状の良い改良系が選抜され、左京区を中心に盛んに栽培されていた。昭和に入ってから他品種との競争に破れ、現在は、保存されている種子のみが残っている。長さ18cm〜21cmで果色は濃い緑色。細身でイボは細かく、少ない。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

聖護院きゅうりの関連キーワード近畿地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android