コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聚分韻略 シュウブンインリャク

デジタル大辞泉の解説

しゅうぶんいんりゃく〔シユウブンヰンリヤク〕【聚分韻略】

鎌倉時代の韻書。5巻。虎関師錬(こかんしれん)著。嘉元4年(1306)の自序。漢字を韻により分類し、乾坤(けんこん)・時候など12門に類別、各語を簡単に説明したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうぶんいんりゃく【聚分韻略】

韻書。虎関師錬著。五巻。1307年刊。漢字を韻によって一一三類に分け、さらに意味によって一二門に分けて配列し、漢文で簡単な注を付す。作詩のために編まれたもの。写本・版本ともに多く、江戸時代まで広く用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

聚分韻略の関連キーワード虎関師錬江戸時代薩摩版大内版写本漢文作詩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android