聞見(読み)ききみる

精選版 日本国語大辞典「聞見」の解説

きき‐・みる【聞見】

〘他マ上一〙 聞いたり見たりする。見聞く。見聞する。
※続日本後紀‐嘉祥二年(849)三月庚辰「其長歌詞曰〈略〉聞見(ききみる)人は、万世の寿を延べつ」

ぶん‐けん【聞見】

〘名〙 聞くことと見ること。聞いたり見たりすること。みきき。見聞。
※蕉堅藁(1403)古河襍言「初来借宿古河湄、聞見令人事々疑」 〔論衡‐別通〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「聞見」の解説

ぶん‐けん【聞見】

[名](スル)見聞」に同じ。
「文明の事物を―する者は」〈福沢文明論之概略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「聞見」の解説

【聞見】ぶんけん

見聞。〔子、不君子~聽するく、聞見するし。れ何ぞや。

字通「聞」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android