コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肌焼(き)/膚焼(き) ハダヤキ

2件 の用語解説(肌焼(き)/膚焼(き)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はだ‐やき【肌焼(き)/膚焼(き)】

鋼の表面を硬化させるために、炭素をしみこませ表皮部の炭素濃度を上げてから行う焼き入れ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

肌焼【はだやき】

浸炭したのち焼入れによって鋼の表面を硬化させる処理。これに適する鋼を肌焼鋼といい,通常は低炭素鋼を使用して歯車や軸などの機械部品に加工される。クロムニッケルモリブデンなどを含む合金肌焼鋼もある。
→関連項目クロム・モリブデン鋼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone