肌焼(き)/膚焼(き)(読み)ハダヤキ

百科事典マイペディアの解説

肌焼【はだやき】

浸炭したのち焼入れによって鋼の表面を硬化させる処理。これに適する鋼を肌焼鋼といい,通常は低炭素鋼を使用して歯車や軸などの機械部品に加工される。クロム,ニッケル,モリブデンなどを含む合金肌焼鋼もある。なお広義に,各種の表面硬化処理を行って耐摩耗性を与え,心部にねばり強さを残した鋼を肌焼鋼と総称することもある。
→関連項目クロム・モリブデン鋼

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はだ‐やき【肌焼】

〘名〙 低炭素鋼などの表面を硬化させてその耐摩耗性を増し、内部には固有のねばり強さをもたせるための熱処理。表面にだけ焼入れを施すもので、高周波焼入れが代表的。肌焼入れ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android