コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肌焼(き)/膚焼(き) ハダヤキ

デジタル大辞泉の解説

はだ‐やき【肌焼(き)/膚焼(き)】

鋼の表面を硬化させるために、炭素をしみこませ表皮部の炭素濃度を上げてから行う焼き入れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

肌焼【はだやき】

浸炭したのち焼入れによって鋼の表面を硬化させる処理。これに適する鋼を肌焼鋼といい,通常は低炭素鋼を使用して歯車や軸などの機械部品に加工される。クロム,ニッケル,モリブデンなどを含む合金肌焼鋼もある。
→関連項目クロム・モリブデン鋼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

肌焼(き)/膚焼(き)の関連キーワードクロム・モリブデン鋼ニッケルクロム鋼肌焼き・肌焼機械構造用鋼愛知製鋼クロム鋼軸受鋼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android