コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

股関節炎 こかんせつえんarthritis of the hip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

股関節炎
こかんせつえん
arthritis of the hip

股関節の炎症で,化膿性と結核性があるが,いずれも最近は減少している。化膿性股関節炎の症状は股関節部の激痛と腫脹,発熱で,白血球増加が著明である。乳児ではおむつ交換時の号泣で気づく。起炎菌は黄色ブドウ球菌が多く,乳児では肺炎球菌によるものもある。治療には化学療法,患部の切開排膿などを行い,すみやかに関節内圧を下げる処置をとる。股関節の脱臼,不良拘縮,強直などが続発しやすい。結核性股関節炎は5歳前後の幼児に多い。おもな症状は軽度の跛行,股関節可動域制限であるが,一般に症状が軽く,いつの間にか進行することが多い。治療には安静,抗結核剤の投与,切開排膿などを行うが,あとで不良肢位拘縮を起しやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

股関節炎の関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかり淵上毛銭

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android