コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥効率 ヒコウリツ

2件 の用語解説(肥効率の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひこう‐りつ〔ヒカウ‐〕【肥効率】

肥料の効率。肥料の増加分に対する作物の増収分の比。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥効率
ひこうりつ

与えた肥料中で植物が吸収利用した肥料成分の割合のことで、肥料の利用率、吸収率ともいう。肥効率を求めるには、たとえば窒素肥料の場合、次の式から計算される。

 肥効率が問題となるのは、施した肥料の成分が土壌中で流亡したり、ガス化して逃げたり、土中に残っていても植物に吸収利用されにくい形になって、全部が吸収利用されないためである。肥効率は土壌の違いなど条件によって大きく変わるが、通常の化学肥料では、窒素で30~50%、リン酸で5~20%、カリウムで40~60%程度である。アイソトープを使うと施肥区のみで肥効率を求めることができる。また、実際の施肥では堆肥(たいひ)等の有機物を併用することが多いので、有機質資材の肥効率を把握することは施肥設計上できわめて重要となる。有機資材の肥効率は資材により大きなばらつきがあるが、化学肥料に比較して一般に低い。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥効率の関連キーワード化学肥料化成肥料金肥限界消費性向配合肥料基肥(もとごえ)間接肥料完全肥料有機肥料三大肥料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone