コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥田浜五郎 ひだ はまごろう

2件 の用語解説(肥田浜五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥田浜五郎 ひだ-はまごろう

1830-1889 幕末-明治時代の技術者,軍人。
文政13年1月28日生まれ。伊東玄朴に蘭学をまなび,長崎海軍伝習所蒸気機関学をおさめる。万延元年咸臨(かんりん)丸の蒸気方士官として渡米。また日本初の国産蒸気軍艦千代田形(ちよだがた)の建造にかかわる。明治15年海軍機関総監。少将。明治22年4月28日事故死。60歳。伊豆(いず)賀茂郡(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

肥田浜五郎

没年:明治22.4.27(1889)
生年:天保1.1(1830)
幕末明治期の造船技術者。伊豆八幡野村(伊東市)生まれ。江川塾,川本塾,象先堂塾などで学び,長崎の海軍伝習所に江川太郎左衛門の命で入学,蒸気機関について学ぶ。万延1(1860)年咸臨丸機関長として渡米。以後軍監頭取となり,石川島造船所建設の機械購入と伝習のためフランス,オランダに渡ったが,中途で幕府の方針が変更になり帰国。慶応2(1866)年わが国最初の蒸気機関付軍艦千代田形を小野春山 と共に完成させた。明治2(1869)年新政府の招聘で横須賀海軍造船所に勤め,のち同造船所長。9年に退職し,15年初代海軍機関総監に就任した。この間岩倉遣外使節団にも随行(1871)。きわめて緻密な頭脳の持ち主で,岩倉具視の信任も厚かった。18年初代御料局長官。第十五銀行,日本鉄道会社の創設にも尽力した。<参考文献>土屋重朗『近代日本造船事始』

(土屋重朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥田浜五郎の関連キーワード上田寅吉小山吉郎坂湛桜井省三田中泰董孕石元照福田馬之助松本孝二山口泉吉山口辰弥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone