コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥田浜五郎 ひだ はまごろう

2件 の用語解説(肥田浜五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥田浜五郎 ひだ-はまごろう

1830-1889 幕末-明治時代の技術者,軍人。
文政13年1月28日生まれ。伊東玄朴に蘭学をまなび,長崎海軍伝習所蒸気機関学をおさめる。万延元年咸臨(かんりん)丸の蒸気方士官として渡米。また日本初の国産蒸気軍艦千代田形(ちよだがた)の建造にかかわる。明治15年海軍機関総監。少将。明治22年4月28日事故死。60歳。伊豆(いず)賀茂郡(静岡県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

肥田浜五郎

没年:明治22.4.27(1889)
生年:天保1.1(1830)
幕末明治期の造船技術者。伊豆八幡野村(伊東市)生まれ。江川塾,川本塾,象先堂塾などで学び,長崎の海軍伝習所に江川太郎左衛門の命で入学,蒸気機関について学ぶ。万延1(1860)年咸臨丸機関長として渡米。以後軍監頭取となり,石川島造船所建設の機械購入と伝習のためフランス,オランダに渡ったが,中途で幕府の方針が変更になり帰国。慶応2(1866)年わが国最初の蒸気機関付軍艦千代田形を小野春山 と共に完成させた。明治2(1869)年新政府の招聘で横須賀海軍造船所に勤め,のち同造船所長。9年に退職し,15年初代海軍機関総監に就任した。この間岩倉遣外使節団にも随行(1871)。きわめて緻密な頭脳の持ち主で,岩倉具視の信任も厚かった。18年初代御料局長官。第十五銀行,日本鉄道会社の創設にも尽力した。<参考文献>土屋重朗『近代日本造船事始』

(土屋重朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

肥田浜五郎の関連キーワード民衆を導く自由の女神浪花節饗庭篁村広島(市)シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone