(読み)がえんずる

精選版 日本国語大辞典「肯」の解説

がえん‐・ずる がへん‥【肯】

〘他サ変〙 がへん・ず 〘他サ変〙 (「かえにす(不肯)」の変化した語)
※色葉字類抄(1177‐81)「肯 ガヘンズ 肯」
② (本来の否定の意味が失われて肯定の意味に転じた。ふつうは打消の助動詞「ず」を伴い、「がえんぜず」の形で承諾しないの意に用いる) 承諾する。ひきうける。うけがう。うべなう。
※書紀(720)継体二三年四月(寛文版訓)「勅の旨を聞かむと佇(のぞ)めども尚宣(の)り不肯(カヘンセす)
※随筆・胆大小心録(1808)五「肯られぬ事どもありて」
[語誌](1)「かへにす」「がへんぜず」ともに「不肯」を訓読したもの。「かへにす」は上代では清音によまれていたが、後に「に」が音便で「ん」となり、また動詞連用形に直ちに接続する用法において「か」が連濁をおこして「がへんず」となったとされる。この音韻変化の過程で、「かへず」の形も現われた。
(2)もともと「かへにす」自体に否定の意味が含まれていたが、「甘んず」「軽んず」のような語形にひかれて、「がへんず」も肯定の意味に取り違えられるようになり、②のように「がへんぜず」と、さらに打消の助動詞「ず」が付け加えられることになったのであろう。

うけ‐が・う ‥がふ【肯】

〘他ハ四〙 よいと認める。肯定する。承諾する。承知する。
※神皇正統記(1339‐43)上「『これより西に宝の国あり。うちてしたがへ給へ。〈略〉』とありしを、天皇うけがひ給はず」
※読本・雨月物語(1776)浅が宿「商人となりて京にまうのぼらんことを頼みしに、雀部(ささべ)いとやすく肯(ウケ)がひて」
[補注]「観智院本義抄」に「不肯受 ウケカヘス」などとあるのは、下二段活用ともみられるが、訓点資料特有の語として「うけ・かへす」とも分析しうるので、確例とはしがたい。→かう

うけ‐ご・う ‥ごふ【肯】

〘他ハ四〙 =うけがう(肯)
※平仮名古活字三巻本宝物集(1179頃)上「あなんこれをさとりて大どくじゃなりとうけこひ給ひぬ」

うけ‐がえ ‥がへ【肯】

〘名〙 よいと認めること。肯定すること。承諾すること。
※色葉字類抄(1177‐81)「肯 ウケカヘ」

か・う かふ【肯】

〘他ハ下二〙 ⇒かえず(不肯)

がえん・じる がへんじる【肯】

〘他ザ上一〙 =がえんずる(肯)

がえん‐・ず がへん‥【肯】

〘他サ変〙 ⇒がえんずる(肯)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android