コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺がんの組織型 はいがんのそしきけい

1件 の用語解説(肺がんの組織型の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はいがんのそしきけい【肺がんの組織型】

 一口に肺がんといっても、腫瘍をつくるがん細胞の形により、大きく扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん、腺(せん)がん、大細胞(だいさいぼう)がん、小細胞(しょうさいぼう)がんの4種類に分けることができます。それぞれ、がん細胞の種類により、手術や化学療法の治療成績がちがいます。
 胸部X線写真やCT検査など、間接的な方法で調べただけで、腺がんや扁平上皮がんと診断する医師もいますが、正確には、顕微鏡でがん細胞をみて決定します。一般的にはだいたい、つぎのような性質があると考えられています。
 扁平上皮がん 大きく発育するまではリンパ節への転移が比較的おこりにくく、腫瘍の中心部がこわれて空洞(くうどう)ができていることがあり、ヘビースモーカーの気管や、太い気管支に発生することも多くあります。
 腺がん 腫瘍が比較的小さいときからリンパ行性転移(こうせいてんい)や血行性転移(けっこうせいてんい)がおこりやすく、気管や気管支よりも、肺の末梢(まっしょう)(口から遠い部位)に発生しやすい傾向があります。
 大細胞がん 腺がんや扁平上皮がんに比べ、がん細胞が大きく悪性度が高いものです。
 小細胞がん がん細胞が小さく、きわめて転移しやすく、腫瘍の発育も驚くほど早いものです。ただし、4種類のがんのなかでは、化学療法の効果がもっとも期待できます。
●細胞の種類別頻度
 肺がんのなかでもっとも多いのが腺がんで、おおよそ50%。ついで、扁平上皮がんが30%、小細胞がんが15%、大細胞がんが5%ほどの割合です。
 腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんの3種類を非小細胞(ひしょうさいぼう)がんとし、小細胞がんとは分けて治療の方針を考えるのがふつうです。
 以上のほかに、腺扁平上皮(せんへんぺいじょうひ)がん、カルチノイド、腺様嚢胞(せんようのうほう)がん、粘表皮(ねんひょうひ)がん、がん肉腫(にくしゅ)などといった特徴のある組織がみられるがんもありますが、いずれもまれなものです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

肺がんの組織型の関連キーワード腫瘍ポリープ良性腫瘍一口に出ずるが如し鬼一口時をつくる鬨をつくる何と言っても一口物手をつくる

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone