コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺血栓症 はいけっせんしょうpulmonary thromboembolism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肺血栓症
はいけっせんしょう
pulmonary thromboembolism

血管内に生じた血栓などで肺動脈がふさがる状態。肺動脈そのものに血栓が生じたものを肺血栓症,静脈に生じた血栓がはがれて,心臓を経て肺動脈をふさぐものを肺塞栓症という。心臓病や手術,外傷,出産などが原因となって血栓の形成や遊離を促すといわれる。呼吸困難や胸の痛み,喀血などの症状が現れるが,太い肺動脈が閉塞すると死にいたる場合もある。症状では心筋梗塞などとの判別がむずかしく,解剖で初めて明らかになるケースも多い。日本では欧米の 10分の1の発生頻度とされているが,動脈硬化などと同様,食生活の欧米化で増加傾向にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android