コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背徳のメス ハイトクノメス

2件 の用語解説(背徳のメスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいとくのメス【背徳のメス】

黒岩重吾の小説。産婦人科医主人公とする医療ミステリー。昭和35年(1960)刊行。同年、第44回直木賞受賞。昭和36年(1961)映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

背徳のメス

1961年公開の日本映画。監督:野村芳太郎、原作:黒岩重吾、脚色:新藤兼人。出演:田村高廣高千穂ひづる、瞳麗子、久我美子、松井康子、葵京子、山村聡ほか。第12回ブルーリボン賞助演女優賞(高千穂ひづる)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

背徳のメスの関連キーワード鬼畜影の車きんぴら先生とお嬢さん鞍馬天狗 青面夜叉愚弟賢兄次男坊砂の器震える舌迷走地図わるいやつら

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

背徳のメスの関連情報