コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背徳のメス ハイトクノメス

デジタル大辞泉の解説

はいとくのメス【背徳のメス】

黒岩重吾の小説。産婦人科医を主人公とする医療ミステリー。昭和35年(1960)刊行。同年、第44回直木賞受賞。昭和36年(1961)映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

背徳のメス

1961年公開の日本映画。監督:野村芳太郎、原作:黒岩重吾、脚色:新藤兼人。出演:田村高廣、高千穂ひづる、瞳麗子、久我美子、松井康子、葵京子、山村聡ほか。第12回ブルーリボン賞助演女優賞(高千穂ひづる)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

背徳のメスの関連キーワード黒岩 重吾

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android