コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児赤芽細胞症 たいじせきがさいぼうしょう

百科事典マイペディアの解説

胎児赤芽細胞症【たいじせきがさいぼうしょう】

母体の血液型と胎児の血液型が違う場合(おもにRh式血液型),胎児の赤血球が破壊されることがあり,胎児体内では赤血球を急造するため赤芽細胞が増加する病気。主症状は溶血性黄疸(おうだん),溶血性貧血浮腫(ふしゅ)等。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android