胡虜(読み)こりょ

精選版 日本国語大辞典「胡虜」の解説

こ‐りょ【胡虜】

〘名〙 北方のえびす。転じて、異民族、また、外国人を卑しめていう。北狄(ほくてき)。蛮人。
※李陵(1943)〈中島敦〉一「の不意を衝いて」 〔漢書‐鼂錯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「胡虜」の解説

【胡虜】こりよ

北方の異民族。匈奴。〔史記、李将軍伝〕匈奴の左賢王、四騎を將(ひき)ゐて廣を圍む。~廣乃ちの子敢をして、きて馳せしむ。敢獨り數十騎と馳せ、直ちに胡騎を貫きて其の左右に出で、りて廣にげて曰く、胡は與(くみ)し易きのみと。軍士乃ち安んず。

字通「胡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android