コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡蝶楽 コチョウラク

2件 の用語解説(胡蝶楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こちょうらく〔コテフラク〕【胡蝶楽】

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗壱越(こまいちこつ)調の小曲。舞は四人の童舞。延喜6年(906)に藤原忠房が作曲、敦実(あつみ)親王が作舞したと伝える。番舞(つがいまい)迦陵頻(かりょうびん)胡蝶の舞。胡蝶。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こちょうらく【胡蝶楽】

舞楽の一。右方高麗楽。高麗壱越いちこつ調。童舞。四人舞。背に胡蝶の羽をつけ、山吹の挿頭かざしのある天冠をかぶり手に山吹の花枝を持って舞う。胡蝶の舞。胡蝶。蝶。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone