コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迦陵頻 かりょうびん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迦陵頻
かりょうびん

雅楽のなかの唐楽の曲名。壱越 (いちこつ) 調の曲。別名『』。舞があり4人舞。童舞として演じられるのが本来の形である。伝説によれば,インドの祇園精舎供養の日に迦陵頻伽という鳥が鳴き舞った姿を模した舞といわれ,背中に鳥の羽根の作り物をつけ,鳴き声を模すために銅拍子 (どびょうし) と呼ばれる小さなシンバルを打鳴らしながら可憐に舞う。まず,「古楽乱声 (らんじょう) 」のうちにおのおの,太鼓に合せて登場し,迦陵頻の音取ののち,「急」のみが舞われ,音楽の演奏が続いているうちに輪をつくって飛びながら,順に降台する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

迦陵頻【かりょうびん】

雅楽の曲名。壱越調(いちこつちょう)の中曲。4人舞の童舞。後に双調(そうちょう),黄鐘調(おうしきちょう)に移調され《鳥》という曲名でも行われるようになった。答舞としては《胡蝶(こちょう)》が舞われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かりょうびん【迦陵頻】

雅楽,舞楽管絃の曲名。迦婁賓,迦陵頻伽,伽陵頻とも書き,不言楽,鳥ともいう。唐楽,壱越(いちこつ)調,四人舞,童舞(どうぶ)。番舞(つがいまい)は《胡蝶》。童髪に天冠(てんがん),足に脚絆,背中に鳥の羽をかたどったものをつけた別装束で,両手に銅拍子を持って舞う。天竺の祇園寺の供養の日に,迦陵頻(極楽浄土の鳥)が舞い下りたのをみて,妙音天がこの曲を奏したといい,婆羅門僧正が日本に伝えたという記録があるが,確かではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かりょうびん【迦陵頻】

雅楽の一。左方。壱越いちこつ調。古楽。四人または二人の童舞わらわまい。天冠をかぶり、背に鳥羽をつけ手に持った銅拍子を打ちながら舞う。不言楽ふごんらく。鳥の楽。
「迦陵頻伽かりようびんが」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迦陵頻
かりょうびん

雅楽の曲名。「迦陵頻伽(かりょうびんが)」「不言楽(ふごんらく)」ともいう。雅楽の唐楽曲で、舞楽・管絃(かんげん)両方がある。林邑(りんゆう)八楽の一つ。壱越調(いちこつちょう)が原曲。双調(そうじょう)に破と急、黄鐘調(おうしきちょう)に急の渡物(わたしもの)(一種の移調曲)があり、これらは鳥破(とりのは)・急などとよぶ。舞は童舞(どうぶ)四人舞。迦陵頻伽は天来の妙音をさえずる極楽の霊鳥として平安時代より書物にみられるが、この楽曲では、祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の供養の日に極楽からその鳥が飛んできて舞い遊んだので、そのようすを妙音天が楽舞に仕立て阿難尊者(あなんそんじゃ)に伝えたという伝説がある。舞人の稚児(ちご)たちは、頭上には紅梅で飾った天冠(てんがん)、背には鳥をまねた極彩色の羽をつけ、両手に銅拍子(どびょうし)を持って打ち鳴らしつつ舞う。同じ童舞である番舞(つがいまい)の『胡蝶(こちょう)』とともにその可憐(かれん)な舞い姿が愛されている。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

迦陵頻の関連キーワード延年[毛越寺]胡蝶(雅楽)聖霊会舞楽林邑八楽古楽乱声蝶鳥の舞胡飲酒荘厳具妙音鳥透彫り龍安寺林邑楽鳥の舞鳥の楽天竺楽胡蝶楽三船祭左方蒔絵銅鈸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迦陵頻の関連情報