コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦実親王 アツミシンノウ

4件 の用語解説(敦実親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あつみ‐しんのう〔‐シンワウ〕【敦実親王】

[893~967]宇多天皇の第8皇子。宇多源氏の祖。法名は覚真。和歌・音楽などの諸芸に通じた。仁和寺宮(にんなじのみや)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敦実親王 あつみしんのう

893-967 平安時代中期,宇多天皇の第8皇子。
寛平(かんぴょう)5年生まれ。母は藤原胤子(いんし)。宇多源氏の祖。寛平7年親王となる。長じて中務卿,式部卿を歴任した。一品(いっぽん)。天暦(てんりゃく)4年出家して仁和(にんな)寺にすむ。和歌,管弦,蹴鞠(けまり)などをよくし,源家音曲の祖といわれた。康保(こうほう)4年3月2日死去。75歳。通称は六条式部卿宮,仁和寺宮。法名は覚真。

敦実親王 あつざねしんのう

あつみしんのう

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あつみしんのう【敦実親王】

893~967) 宇多天皇の皇子。母は藤原高藤の娘胤子。宇多源氏の祖。出家して法名を覚真、また仁和寺宮と称された。和琴わごん・琵琶びわの名手として有名。 → 宇多源氏

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の敦実親王の言及

【胡蝶】より

…かわいらしい舞姿の曲。平安時代,延喜8年(908)あるいは延喜6年ともいうが,宇多上皇が子供の相撲を見物したとき,藤原忠房(楽人)がこの曲を作曲,敦実(あつみ)親王(宇多天皇の子,琵琶を弾き,雅楽に造詣が深い)が舞をつけたという。この2人はほかに《延喜楽》も作舞したという。…

※「敦実親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

敦実親王の関連キーワード綾小路敦有敦実親王村上天皇村上天皇村上天皇冷泉天皇摂関政治楽らく便全国の待機児童清澄寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone