童舞(読み)ドウブ

  • ▽童舞
  • わらわまい わらはまひ
  • わらわまい〔わらはまひ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「とうぶ」とも)
① 舞楽で、子どもの舞う舞。「迦陵頻(かりょうびん)」(左舞)、「胡蝶」(右舞)のようにはじめから童舞のために作製されたものと、「陵王」「抜頭」などの大人用の舞楽を装束をかえ、面をつけずに子どもが舞うものがある。わらわまい。
※参天台五台山記(1072‐73)六「諸僧行興福寺見物。種々舞楽・雅楽・女舞・童舞等」
② 若衆の舞。
※枕山詩鈔‐三篇(1867)上・遊墨川「泛墨川写望、則有青簾白舫妓歌童舞
〘名〙
※今鏡(1170)一「内裏にてわらはまひ御覧ぜささせ給ひき」
② 特に、寺社の法会や神事などで稚児の舞う舞。ちごまい。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)供養篇本「有童舞〈尊海法印沙汰云々〉」
③ 五節(ごせち)の舞のことをいうか。また、五節の童御覧の儀か。
※能因本枕(10C終)九六「わらはまひの夜はいとをかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の童舞の言及

【舞楽】より

…これら左舞,右舞は,管弦の諸楽器の伝承とともに,それぞれ,そのどちらかを,各楽人が伝承することになっている。
[分類と楽器編成]
 舞楽の分類には,唐楽・高麗楽,あるいは左舞・右舞という分類と,これとは別の観点から平舞(ひらまい),走舞(はしりまい),文ノ舞(ぶんのまい),武ノ舞(ぶのまい),童舞(わらべまい∥どうぶ)といった分類がある。唐楽・高麗楽の分類の経緯は前述したが,左舞・右舞に関しては,現行の唐楽曲のうち《還城楽(げんじようらく)》《抜頭(ばとう)》2曲は左舞・右舞の双方に伝を残し,《陪臚(ばいろ)》1曲はもっぱら右舞の中でのみ伝えられている。…

【舞楽】より

…これら左舞,右舞は,管弦の諸楽器の伝承とともに,それぞれ,そのどちらかを,各楽人が伝承することになっている。
[分類と楽器編成]
 舞楽の分類には,唐楽・高麗楽,あるいは左舞・右舞という分類と,これとは別の観点から平舞(ひらまい),走舞(はしりまい),文ノ舞(ぶんのまい),武ノ舞(ぶのまい),童舞(わらべまい∥どうぶ)といった分類がある。唐楽・高麗楽の分類の経緯は前述したが,左舞・右舞に関しては,現行の唐楽曲のうち《還城楽(げんじようらく)》《抜頭(ばとう)》2曲は左舞・右舞の双方に伝を残し,《陪臚(ばいろ)》1曲はもっぱら右舞の中でのみ伝えられている。…

※「童舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android