童舞(読み)どうぶ

精選版 日本国語大辞典「童舞」の解説

どう‐ぶ【童舞】

〘名〙 (「とうぶ」とも)
舞楽で、子どものう舞。「迦陵頻(かりょうびん)」(左舞)、「胡蝶」(右舞)のようにはじめから童舞のために作製されたものと、「陵王」「抜頭」などの大人用の舞楽を装束をかえ、面をつけずに子どもが舞うものがある。わらわまい。
※参天台五台山記(1072‐73)六「諸僧行興福寺見物。種々舞楽・雅楽・女舞・童舞等」
② 若衆の舞。
※枕山詩鈔‐三篇(1867)上・遊墨川「泛墨川写望、則有青簾白舫妓歌童舞

わらわ‐まい わらはまひ【童舞】

〘名〙
※今鏡(1170)一「内裏にてわらはまひ御覧ぜささせ給ひき」
② 特に、寺社の法会や神事などで稚児の舞う舞。ちごまい。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)供養篇本「有童舞〈尊海法印沙汰云々〉」
③ 五節(ごせち)の舞のことをいうか。また、五節の童御覧の儀か。
※能因本枕(10C終)九六「わらはまひの夜はいとをかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「童舞」の解説

どう‐ぶ【童舞】

《「とうぶ」とも》舞楽で、子供のまう舞。わらわまい。

わらわ‐まい〔わらはまひ〕【童舞】

子供の舞。特に、法会などで稚児の舞う舞。ちごまい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の童舞の言及

【舞楽】より

…これら左舞,右舞は,管弦の諸楽器の伝承とともに,それぞれ,そのどちらかを,各楽人が伝承することになっている。
[分類と楽器編成]
 舞楽の分類には,唐楽・高麗楽,あるいは左舞・右舞という分類と,これとは別の観点から平舞(ひらまい),走舞(はしりまい),文ノ舞(ぶんのまい),武ノ舞(ぶのまい),童舞(わらべまい∥どうぶ)といった分類がある。唐楽・高麗楽の分類の経緯は前述したが,左舞・右舞に関しては,現行の唐楽曲のうち《還城楽(げんじようらく)》《抜頭(ばとう)》2曲は左舞・右舞の双方に伝を残し,《陪臚(ばいろ)》1曲はもっぱら右舞の中でのみ伝えられている。…

【舞楽】より

…これら左舞,右舞は,管弦の諸楽器の伝承とともに,それぞれ,そのどちらかを,各楽人が伝承することになっている。
[分類と楽器編成]
 舞楽の分類には,唐楽・高麗楽,あるいは左舞・右舞という分類と,これとは別の観点から平舞(ひらまい),走舞(はしりまい),文ノ舞(ぶんのまい),武ノ舞(ぶのまい),童舞(わらべまい∥どうぶ)といった分類がある。唐楽・高麗楽の分類の経緯は前述したが,左舞・右舞に関しては,現行の唐楽曲のうち《還城楽(げんじようらく)》《抜頭(ばとう)》2曲は左舞・右舞の双方に伝を残し,《陪臚(ばいろ)》1曲はもっぱら右舞の中でのみ伝えられている。…

※「童舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android