コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡銅 コドウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐どう【×胡銅】

《古くは「ことう」とも》青銅の一種。茶器などがこれで作られ、珍重された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こどう【胡銅】

青銅の一種。成分は青銅,紫銅と同様で,銅,スズ,鉛の合金であるが,その色が暗黄色をしている。また〈古銅〉と記されることもある。これで茶器などをつくり珍重した。《万宝全書》の〈唐物之次第〉には紫がかった良質の唐金のこととしているが,これは工程の変化で紫色をしたものである。現在では赤みがかった銅をわらまたは松葉などを燃やしていぶしをかけて紫色を出す。明治時代の鋳金家本間琢斎は火中に熱して紫色をむらに出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こどう【胡銅】

〔古くは「ことう」とも〕
青銅。また、それで作った器など。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胡銅の関連キーワード曲者・癖者喜阿弥花器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android