唐金(読み)カラカネ

大辞林 第三版の解説

からかね【唐金】

〔中国から製法が伝わったことから〕
青銅のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐かね【唐金】

〘名〙 (中国から製法が伝わったところからいう) 銅、錫(すず)を主体とし、鉛、鉄、ニッケルなどを加えた合金。青黒色で銭その他の鋳物などに用いる。青銅(せいどう)
※大乗院寺社雑事記‐明応五年(1496)三月七日「長谷寺鐘鋳事、唐五百貫文目也」 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「仏具も人手に渡るべし。中にも唐(カラ)かねの三ツ具足」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の唐金の言及

【青銅】より

…ブロンズ,俗に唐金(からかね)ともいう。スズをおもな合金元素とする銅合金で,〈青銅器時代〉という年代の区分があることからもわかるように,人類が最も古くから使用した合金である。…

【銅合金】より

…清銅は現在の青銅で,銅,スズ,鉛の合金である。青銅は唐金(からかね)ともいわれ,梵鐘,灯籠,香炉,仏像,仏具などの鋳造に広く用いられている。一般に淡黄色をしているが,放置すると青さびを帯びる。…

※「唐金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android