コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡風批判 こふうひはん

1件 の用語解説(胡風批判の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こふうひはん【胡風批判】

中国,1954年より55年にかけての,文芸理論家胡風とその集団に対する批判運動。胡風の理論は,厨川白村の理論に基づく〈主観の燃焼〉〈自我の拡張〉がおもな内容である。新中国後,林黙涵や何其芳の批判に答える形で,胡風は〈文芸問題に対する意見〉(1954年6月)を書き,共産党指導部の文学への無理解と派閥的運営を批判した。55年1月より5月にかけ,胡風は〈小ブルジョア階級の革命性と立場〉を労働階級のそれと混同したと,自己批判を書いたが,《人民日報》は5月13日より,編者〈按語〉をつけ,胡風の私信を公開して,自己批判の欺瞞性を暴き,〈反革命〉と規定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胡風批判の関連キーワード紅軍掛けて目に掛けるもて付く押掛けかけかけ・し刀に懸けても切掛ける死に掛けるフォーコーツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone