コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胤康 いんこう

1件 の用語解説(胤康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

胤康 いんこう

1821-1866 幕末の僧。
文政4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。郷里の武蔵(むさし)赤塚村(東京都)松月寺の大隣天休にしたがって日向(ひゅうが)(宮崎県)慈眼寺にはいり,文久元年(1861)住職となる。日向延岡(のべおか)藩に勤王を説いたため,3年捕らえられ,慶応2年4月17日京都で獄死。46歳。初号は彭康,定康(ちょうごう)。著作に「韜武心書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

胤康の関連キーワード海保漁村英学ブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術正親町三条実愛富永有隣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone