コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴の間 どうのま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胴の間
どうのま

和船の間取り上の呼称で,船体を人体になぞらえて,一般に中央の (ま) をいう。軍船,荷船,川船など船の種類や大小によって,規定する場所に相違がある。たとえば,江戸時代の船では淦間 (あかま) 船梁と腰当 (こしあて) 船梁の間の間であるが,淀川の三十石船では表船梁と船梁の間の間というように,専門的にいうと大きな違いがあって,共通するのはだいたいにおいて船体の中央部付近を占める場所という点だけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐の‐ま【胴の間】

和船の中央、胴にあたる部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうのま【胴の間】

和船の間取りで、船の中央の部分。人が乗ったり荷を積んだりする所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胴の間の関連キーワード差す・射す・点す・止す高速輪転機輪転印刷機ウインチ揚繰網キタラ和船

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android