コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十石船 さんじっこくぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十石船
さんじっこくぶね

(1) 30石積みの和船の総称。 (2) 近世初期以来,京都-大坂間の淀川の水運で主役的働きをした過書奉行支配下の川船のうち,最も小型の 30石積みの川船をいう。 (3) (2) と同じ 30石積みの川船であるが,旅客専用の人乗せ三十石船の俗称。この乗合船は,京都は伏見,大坂は八軒家をそれぞれ始発・終着駅とし,昼夜を分たずに就航していたので,京坂間の旅客に愛用されて,数多い淀川水系の川船の代表的存在となっていた。船型は天当 (てんとう。伝道とも書く) と呼ばれた喫水の浅い平底のもので,長さ 15m,幅 2m,深さ 0.55mであった。船頭4人,乗客 32人を定員として,下りは流れを利用し,上りは舵取りの船頭1人を残して3人が岸から引き船をして上った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんじっこく‐ぶね【三十石船】

米30石相当の積載能力を有する和船。特に江戸時代淀川を通って伏見大坂間を往来した客船をいう。三十石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじっこくぶね【三十石船】

米三〇石分の積載能力(4.5トン積み)の和船の称。
江戸時代、伏見・大坂八軒屋間の淀川舟運で活躍した過書奉行支配下の、三〇石積み二八人乗りの乗合船の俗称。上りは岸からの曳き船、下りは流れを利用した。京坂間を上下する旅客に大いに利用された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三十石船の関連キーワード乗り合い船・乗合い船笑福亭松喬(6代)おもな浪花節の演目過書船・過所船桂 仁左衛門食らわんか舟寺田屋登世日本橋筋広沢虎造淀の川瀬胴の間今井船下り船過書船船歌

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十石船の関連情報