コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能勢栄 のせ さかえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能勢栄 のせ-さかえ

1852-1895 明治時代の教育学者。
嘉永(かえい)5年生まれ。アメリカのパシフィック大卒。帰国後,長野師範,福島師範などの校長を歴任し,明治19年文部書記官となる。晩年はコンペーレ,ラインの著作など,教育書の翻訳と紹介につとめた。明治28年死去。44歳。江戸出身。著作に「教育学」「根氏教授論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

能勢栄

没年:明治28(1895)
生年:嘉永5(1852)
明治期の著名な教育学者,教育行政官。旧幕臣,明治3(1870)年に大阪より渡米して米国オレゴン州ポートランド近傍の私立パシフィク大学理学部を卒業,理学士・文学修士。同9年帰国したのち,岡山師範および中学校教頭,学習院教諭,長野および福島県師範学校長を歴任,1889年のパリ万博において長野・福島両師範学校は金賞を授与される。明治19年森有礼文相の要請により,文部省書記官,視学官,東京高等女学校(お茶大付属高校)校長などを歴任。近代的な『教育学』『学校管理術』,宗教色を排した『倫理学初歩』『実践道徳学』などを著したほか,アガシーやコンペーレなどを翻訳した。

(中川隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

能勢栄の関連キーワードコンペレー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android