コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能勢頼誼 のせ よりのぶ

1件 の用語解説(能勢頼誼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能勢頼誼 のせ-よりのぶ

1824-1903 江戸後期-明治時代の剣道家。
文政7年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩士。上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩士津田明馨(めいけい)に天真伝一刀流をまなび,天真伝剣法をひらく。明治23年岡倉天心にまねかれて上京し,のち警視庁の柔剣道指南となった。明治36年2月死去。80歳。通称は覚兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

能勢頼誼の関連キーワード岸田稲処五葉園松蔭佐藤亥三郎昇斎一景白石蒼軒関直吉滝廼屋清麿広瀬曲巷堀井胤吉渡辺真澄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone