コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能勢頼誼 のせ よりのぶ

1件 の用語解説(能勢頼誼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能勢頼誼 のせ-よりのぶ

1824-1903 江戸後期-明治時代の剣道家。
文政7年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩士。上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩士津田明馨(めいけい)に天真伝一刀流をまなび,天真伝剣法をひらく。明治23年岡倉天心にまねかれて上京し,のち警視庁の柔剣道指南となった。明治36年2月死去。80歳。通称は覚兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

能勢頼誼の関連キーワードレオ13世ルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)プラット修正ロシア映画岳[温泉]セメント工業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone