コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂腺 シセン

5件 の用語解説(脂腺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐せん【脂腺】

皮脂腺(ひしせん)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

脂腺

 →皮脂腺

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しせん【脂腺】

皮膚の表面に皮脂を分泌する腺。毛根近くにあって、その導管は毛包の上部に開口する。てのひら・足の裏を除く全身に分布。皮脂腺。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脂腺
しせん

脂肪滴を産生する腺。全身の皮膚の真皮(表皮の下の組織)内に存在するため、皮脂腺ともいう。脂腺では原則として導管が毛包(毛根を包んでいる嚢状(のうじょう)物)の上部に開口する。毛のない陰茎亀頭(きとう)、陰核、小陰唇、乳頭、口唇などでは重層扁平(へんぺい)上皮の表面に導管が直接開口する。包皮にある包皮腺、肛門(こうもん)付近の肛門腺はいずれも脂腺である。脂肪滴を産生する分泌細胞の集団部である腺房はあまり腺腔(せんくう)が明らかでないが、細胞形質内に脂肪滴が充満すると細胞核は萎縮(いしゅく)し、細胞全体が腺房から分離し、壊れて分泌物に変わる。このように細胞全体が破壊されて分泌物となる分泌様式を全分泌(ホロクリン分泌)とよぶ。毛包から出た分泌物は皮脂として、死滅した細胞の遺残物とともに表皮の表面に出る。分泌物は脂質に富み、トリグリセリドの脂肪酸、コレステロールとそのエステル化合物などを含む混合物である。脂腺の分泌現象は絶えず連続的に行われているため、皮膚の汚染や脂腺開口部の排泄(はいせつ)障害などでは「にきび」を生じたりする。なお、水鳥の尾腺(びせん)は一種の脂腺で、羽の防水の役割をしている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の脂腺の言及

【外分泌腺】より

…外分泌とは生物が体の内外表面へ生存上有用な物質を分泌することで,体液中へ分泌を行う内分泌と区別される。外分泌腺には,たとえば,唾液(だえき)腺・胃腺・汗腺・乳腺・涙腺・皮脂腺・毒腺・麝香(じやこう)腺・塩類腺・絹糸腺などさまざまな種類のものがある。 外分泌腺はいずれも,腺上皮が上皮からずれて結合組織内に陥入してつくられる腺体と,分泌物を導出するための道管とからなる。…

【腺】より

…(2)粘液腺 粘液を分泌する粘液腺mucous glandは,口腔,鼻腔,咽頭,気管,気管支,消化管など至るところにみられる。(3)脂腺 皮脂腺のように脂質を分泌する腺を脂腺sebaceous glandという。副腎皮質や睾丸(精巣),卵巣の内分泌細胞はステロイドホルモンを分泌するが,これも広義の脂腺ということができる。…

【皮脂腺】より

…哺乳類の外分泌腺の一種で,単に脂腺とも呼ばれる。毛に付随してほとんど全身の皮膚に分布し,脂肪酸やコレステロールなどを含む脂肪様の物質(皮脂)を分泌し,毛や皮膚をうるおし,乾燥をふせいでいる。…

※「脂腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脂腺の関連情報