脂膏(読み)シコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐こう ‥カウ【脂膏】

〘名〙
動物のあぶら。獣脂。脂肪
※菅家後集(903頃)燈滅二絶「脂膏先尽不風、殊恨光無一夜通
② (体からにじみ出るあぶらの意) 心身を労して得た収益のたとえ。
※本朝文粋(1060頃)六・申民部大輔状〈橘直幹〉「朱紱之後、潤連城数国之脂膏」 〔後漢書‐仲授統伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android