コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

6件 の用語解説(脂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し【脂】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]あぶら やに
〈シ〉
動物性のあぶら。「脂肪牛脂凝脂脱脂皮脂油脂
油で溶いたべに。「脂粉臙脂(えんじ)
やに。「樹脂
〈あぶら〉「脂汗脂性(あぶらしょう)脂身
[難読]雲脂(ふけ)松脂(まつやに)

やに【脂/×膠】

樹木の分泌する粘液。また、その固まったもの。樹脂。
タバコを吸ったときにキセルやパイプにたまる褐色の粘液。
目やに

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

 油,油脂とほぼ同じ意味に使われる.トリアシルグリセロールのうち,一般に融点の高いものを区別して脂(fat)といい,低いものを油(oil)ということがある.また,動物性のものを脂といい,植物性のものを油という場合もあるが,いずれも明確な区別はない.

 (1) →脂肪,(2) →皮脂

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やに【脂】

樹木から出てくる粘り気の強い物質(天然樹脂)の俗称。松やにに代表されるように,多くは針葉樹が傷ついたときに出すものがこう呼ばれ,精油にとけたものが多い。また,タバコのやには,タール分を主とするタバコの燃焼によって生ずる粘液をいい,さらに目やにのことを指す場合もある。樹脂【善本 知孝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


やに
resin

テルペン系の天然樹脂のこと。植物の生活代謝物で、マツの樹皮を傷つけると松脂(まつやに)が分泌するように、多くの脂は樹皮を傷つけることによって採取する。またこの脂が地下に埋まって化石化したもの(こはく)もある。塗料、印刷インキ、つや出し剤、香料、医薬などに使われている。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【油】より

…その代表的なものに動植物性油と鉱物性油とがある。前者は長鎖脂肪酸のグリセリンエステルすなわちトリグリセリドを主成分とし,後者は炭化水素が主成分であるというように,その化学的組成はまったく異なる。動植物性油については油脂という名称も用いられるが,この場合,常温で液体のものを油oil,固体のものを脂fatと区別する。…

【樹脂】より

…ここでは前者を狭義の樹脂,後者を広義の樹脂とみなし,樹木の分泌物全般をとりあげる。
[狭義の樹脂]
 樹木の分泌物は固形物が溶剤にとけたいわゆる“やに”である。溶剤は精油とよばれるものであることが多い。…

※「脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脂の関連情報