コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇坂安政 わきざか やすまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇坂安政 わきざか-やすまさ

1633-1694 江戸時代前期の大名。
寛永10年2月19日生まれ。堀田正盛(まさもり)の次男。脇坂安元(やすもと)の養子となり,承応(じょうおう)3年信濃(しなの)(長野県)飯田藩主。養父の弟安方に2000石を分与する。寛文12年転封(てんぽう)となって播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩主脇坂家初代。実弟堀田正俊(まさとし)が大老となったのを機に願(ねがい)譜代となった。元禄(げんろく)7年4月20日死去。62歳。初名は安吉(やすよし)。通称は甚太郎。号は如水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

脇坂安政 (わきざかやすまさ)

生年月日:1633年2月19日
江戸時代前期の大名
1694年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

脇坂安政の関連キーワードたつの(市)堀田正信生年月日脇坂安照竜野藩龍野藩龍野城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android