コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇坂安政 わきざか やすまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇坂安政 わきざか-やすまさ

1633-1694 江戸時代前期の大名。
寛永10年2月19日生まれ。堀田正盛(まさもり)の次男。脇坂安元(やすもと)の養子となり,承応(じょうおう)3年信濃(しなの)(長野県)飯田藩主。養父の弟安方に2000石を分与する。寛文12年転封(てんぽう)となって播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩主脇坂家初代。実弟堀田正俊(まさとし)が大老となったのを機に願(ねがい)譜代となった。元禄(げんろく)7年4月20日死去。62歳。初名は安吉(やすよし)。通称は甚太郎。号は如水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

脇坂安政の関連キーワード俳句(文学)三井高利ショメル梅津政景ハーバートケアリー地方直し徳川家光天文学史(年表)岡本文弥

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone