脊椎すべり症(読み)せきついすべりしょう(英語表記)spondylolisthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊椎すべり症
せきついすべりしょう
spondylolisthesis

脊椎の椎体が下位の椎体上を前方にすべるようにずれる状態をいう。大部分は脊椎分離症によるが,椎間板椎間関節などの変性が強いために起るものもある。第5腰椎に好発する。症状は腰痛,下肢痛のほか,しばしば間欠性跛行があり,労働によって悪化する。軽症は安静と軟性コルセットの装着で治療できるが,症状が強い場合や重労働をする人には手術が必要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android