コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊椎すべり症 せきついすべりしょうspondylolisthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊椎すべり症
せきついすべりしょう
spondylolisthesis

脊椎の椎体が下位の椎体上を前方にすべるようにずれる状態をいう。大部分は脊椎分離症によるが,椎間板椎間関節などの変性が強いために起るものもある。第5腰椎に好発する。症状は腰痛,下肢痛のほか,しばしば間欠性跛行があり,労働によって悪化する。軽症は安静と軟性コルセットの装着で治療できるが,症状が強い場合や重労働をする人には手術が必要となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊椎すべり症
せきついすべりしょう

脊椎分離を前提としておこる疾患で、脊椎分離すべり症ともいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

脊椎すべり症の関連キーワード脊椎分離症/脊椎すべり症ロキタンスキーぎっくり腰

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android