コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎間板 ついかんばん intervertebral disc

5件 の用語解説(椎間板の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椎間板
ついかんばん
intervertebral disc

椎間円板ともいう。脊柱の椎骨と椎骨の間にある線維軟骨組織。脊椎の上下からの衝撃を緩和するクッションの役割をしている。上下面の硝子様の軟骨板と線維輪,および中央部にあるやわらかい髄核の3部から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ついかん‐ばん【椎間板】

脊椎(せきつい)の上下に隣り合う椎体を結合している円板状の軟骨。中央のゼリー状の髄核を線維輪が囲む構造をし、衝撃をやわらげる働きもする。椎間円板。椎間軟骨。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

椎間板【ついかんばん】

椎間円板ともいう。脊椎の椎体と椎体の間をつなぐ繊維軟骨の円板。周辺部は繊維が豊富で繊維輪と呼ばれ,内部は髄核という柔らかい組織で,その中心部には胎生期の脊索の残りが含まれる。
→関連項目脊椎椎間板ヘルニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

椎間板

 椎間円板ともいう.脊柱の椎骨の間にある板状の組織で,軟骨終板,髄核,線(繊)維輪からなる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ついかんばん【椎間板】

椎骨の椎体と椎体の間にある板状の軟骨組織。弾力に富み、椎体間の可動性を高めクッションとしても働く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の椎間板の言及

【ぎっくり腰】より


[ぎっくり腰の原因]
 〈ぎっくり腰〉の原因となる病気は一つではなく,非常にさまざまである。最も多い原因は,背骨の椎骨と椎骨との間にある軟骨,すなわち椎間板の病気である。椎間板は弾力性がありクッションのような作用をしているが,20歳を過ぎればすでに老化現象が始まり,外力に対して少しずつ弱くなり,急激な動作などによってその一部が破れたり飛び出したりして神経を圧迫するなどにより,急性の腰痛をひき起こす(椎間板ヘルニア)。…

※「椎間板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

椎間板の関連キーワード脊柱背骨椎間円板椎骨腰椎胸椎脊柱管仙椎脊椎のしくみ脊椎側彎症

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

椎間板の関連情報