コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚摩乳・手摩乳 あしなずち・てなずち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脚摩乳・手摩乳 あしなずち・てなずち

記・紀にみえる神。
八岐大蛇(やまたのおろち)にのまれようとした奇稲田姫(くしいなだひめ)の父母。その名の意味は娘を足・手で撫(な)でていつくしむこととも,足・手の働きにより水田をえる精霊ともいう。「古事記」では足名椎・手名椎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

脚摩乳・手摩乳の関連キーワード大山祇神

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android