コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳脚症候群 のうきゃくしょうこうぐんcerebral peduncle syndrome

1件 の用語解説(脳脚症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳脚症候群
のうきゃくしょうこうぐん
cerebral peduncle syndrome

大脳脚に病巣があるときに起る症候群で,侵される部位によって種々の症状が現れる。病巣側の動眼神経麻痺と反対側の四肢,躯幹の片麻痺を起す場合は,上交代性片麻痺 (ウェーベル麻痺) という。病巣が一方は視床へ,一方は脳脚足に広がった場合は,一側の半身の運動と知覚麻痺,それに半盲が起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone