コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳脚症候群 のうきゃくしょうこうぐん cerebral peduncle syndrome

1件 の用語解説(脳脚症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳脚症候群
のうきゃくしょうこうぐん
cerebral peduncle syndrome

大脳脚に病巣があるときに起る症候群で,侵される部位によって種々の症状が現れる。病巣側の動眼神経麻痺と反対側の四肢,躯幹の片麻痺を起す場合は,上交代性片麻痺 (ウェーベル麻痺) という。病巣が一方は視床へ,一方は脳脚足に広がった場合は,一側の半身の運動と知覚麻痺,それに半盲が起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳脚症候群の関連キーワード症候群大脳脚メニエール症候群グルカゴン腫症候群好酸球増加-筋痛症候群チアミン欠乏症候群バッド-キアリ症候群ファンコーニ症候群副腎生殖器症候群プラダー-ビリ症候群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone