コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐植酸系肥料 ふしょくさんけいひりょう

世界大百科事典 第2版の解説

ふしょくさんけいひりょう【腐植酸系肥料】

石炭または亜炭を硝酸あるいは硝酸と硫酸の混液で低度に酸化分解して得られる腐植酸(ニトロフミン酸)に塩基類のアンモニア,水酸化マグネシウム,焼成蛇紋岩粉末あるいは重炭酸カリウム,水酸化カリウムを加えて反応させて製造した一連の肥料をいう。添加する塩基によって腐植酸アンモニア肥料,腐植酸苦土肥料,腐植酸カリ肥料の3種類があり,単肥としてまた配合肥料原料として用いられている。これらは含有されるアンモニア(約4%),苦土(マグネシウム,約4%),カリウム(約11%)などの肥料成分による肥効とともに,ニトロフミン酸(含有量40~75%)による土壌改良効果を目的としている肥料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android