腕を鳴らす(読み)うでをならす

精選版 日本国語大辞典「腕を鳴らす」の解説

うで【腕】 を 鳴(な)らす

① 腕力や技量をふるおうとして、適当な事態の起こるのを待っている。髀肉(ひにく)の嘆をなす。
② 技量をあらわして、名声をひろめる。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉四「若い頃には是でも小野派一刀流で腕(ウデ)を鳴(ナラ)したものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腕を鳴らす」の解説

腕(うで)を鳴(な)ら・す

自分の腕力や技能が思う存分発揮できる機会を待ち構える。
技能を人々に示して認められ、名声を広める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android