コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰祈 コシイノリ

3件 の用語解説(腰祈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こしいのり【腰祈】

狂言。修行を終えたばかりの山伏が、祖父の曲がった腰を直そうと祈るが、伸びすぎたり曲がりすぎたりして祖父にしかられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こしいのり【腰祈】

狂言の一。山伏が祖父の曲がった腰を治そうと祈るが、行力が強すぎてそりかえってしまう。また、一祈りすると今度は曲がり過ぎて、祖父を怒らせる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰祈
こしいのり

狂言の曲名。山伏狂言。大峯(おおみね)・葛城(かつらぎ)での修行を終えた出羽(でわ)の羽黒山の山伏が祖父(おおじ)(シテ)を訪ね、その曲がった腰を法力で伸ばして差し上げようと祈祷(きとう)を始める。効果はすぐに現れるが、伸びすぎてあおむくほどになったので、祖父は日月が拝めると喜びながらも少しかがめてくれるように頼む。そこでふたたび祈ると、今度は前にかがみすぎて前に倒れ伏してしまう。困った山伏は、太郎冠者(かじゃ)にちょうどよいときに杖(つえ)を支(か)えと命じて祈るが、また伸びすぎ、怒った祖父に追い込まれる。大蔵流には、杖でささえたときにシャギリという笛の囃子(はやし)になりめでたく終わる演出もある。法力に操られるように上下に激しく動く祖父の演技が見どころ。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰祈の関連キーワード師家柿山伏駆け出蟹山伏作り山伏駆出し肩箱行化三等水兵禰宜山伏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腰祈の関連情報