腹を据える(読み)はらをすえる

精選版 日本国語大辞典「腹を据える」の解説

はら【腹】 を 据(す)える

① 怒りや恨み、鬱憤を晴らす。
※古今著聞集(1254)一六「ただ今こそ日来のをばすへ侍らめ」
② 心を落ち着ける。気持をしずめる。がまんしてこらえる。怒りを抑える。
※平家(13C前)二「入道、猶腹をすへかねて」
③ 気を落ちつけ、対処のしかたを決める。覚悟をきめる。腹をくくる。
※俳諧・三冊子(1702)赤双紙「先師のいはく、『すみ俵』は門しめての一句に腹をすへたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android