腹を据える(読み)はらをすえる

精選版 日本国語大辞典「腹を据える」の解説

はら【腹】 を 据(す)える

① 怒りや恨み、鬱憤を晴らす。
※古今著聞集(1254)一六「ただ今こそ日来の腹をばすへ侍らめ」
② 心を落ち着ける。気持をしずめる。がまんしてこらえる。怒りを抑える。
※平家(13C前)二「入道、猶腹をすへかねて」
③ 気を落ちつけ、対処のしかたを決める。覚悟をきめる。腹をくくる。
※俳諧・三冊子(1702)赤双紙「先師のいはく、『すみ俵』は門しめての一句にをすへたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腹を据える」の解説

腹(はら)を据・える

覚悟を決める。「―・えて難事にあたる」
がまんしてこらえる。を落ち着ける。「あまりのことに―・えかねる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android