腹を据える(読み)ハラヲスエル

デジタル大辞泉の解説

腹(はら)を据・える

覚悟を決める。「―・えて難事にあたる」
がまんしてこらえる。心を落ち着ける。「あまりのことに―・えかねる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらをすえる【腹を据える】

覚悟を決める。決心する。 「 - ・えてかかる」
怒りをおさえる。我慢してこらえる。 「入道猶-・ゑかねて/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はら【腹】 を 据(す)える

怒りや恨み、鬱憤を晴らす。
古今著聞集(1254)一六「ただ今こそ日来の腹をばすへ侍らめ」
② 心を落ち着ける。気持をしずめる。がまんしてこらえる。怒りを抑える。
※平家(13C前)二「入道、猶腹をすへかねて」
③ 気を落ちつけ、対処のしかたを決める。覚悟をきめる。腹をくくる。
※俳諧・三冊子(1702)赤双紙「先師のいはく、『すみ俵』は門しめての一句に腹をすへたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android