コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏(み)切る フミキル

デジタル大辞泉の解説

ふみ‐き・る【踏(み)切る】

[動ラ五(四)]
強く踏んだはずみで切る。「鼻緒を―・る」
跳躍競技などで、地面やジャンプ台などを強く蹴った反動で飛び上がる。「タイミングよく―・る」
思い切って行う。ある行動を起こす決心をする。ふんぎる。「着工に―・る」
相撲で、土俵の外に足を出す土俵を割る。踏み越す。「一気に押されて俵を―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone