コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹白 はらじろ

大辞林 第三版の解説

はらじろ【腹白】

腹の白いこと。また、そのもの。
指貫さしぬきの裾の下括りの緒の飾り結び。袴の色と白の組紐くみひもで裾をしぼり、残りを足の長さくらいの三つ編みにして下げたもの。白を上に組むための名称。場合・年齢による決まりがある。 → ねず緒

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

腹白の関連キーワードローランド(筑波)号ねず緒

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android