膏薬張り/膏薬貼り(読み)コウヤクバリ

デジタル大辞泉の解説

こうやく‐ばり〔カウヤク‐〕【×膏薬張り/×膏薬貼り】

ふすまや障子などの、破損した部分だけを、小さい紙を膏薬のようにはって一時しのぎに繕うこと。また、その繕ったところ。
「煤(すす)けた障子の―を続けながら」〈藤村・嵐〉
その場しのぎの処置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android