コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膠結 こうけつcementation

翻訳|cementation

岩石学辞典の解説

膠結

変成作用の最も地表に近い部分で,弱い変質作用を受けた岩石に用いられた[Guembel : 1888].砕屑堆積物の粒子間の孔隙に他の物質が沈澱して粒子を結合する現象と考えられている[片山ほか : 1970].しかし,なぜ粒子相互が接着するのかはわからない[鈴木 : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

膠結の関連キーワードフォンテンブロー方解石ヴァドース・セメントオープンスペース構造アナダイアジェネシスアスファルト質砂岩放射状繊維状模様バウンドストーンクラックシール脈レセプター石灰岩珪藻土質チャートペルスパーライト水蒸気性セメント等層厚的セメントイントラクラストバイオリサイトアルコシタイトビーチ・ロックフェリクリートカルカリネイト接触粒圧力溶解

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android