膵臓ホルモン(読み)スイゾウホルモン

大辞林 第三版の解説

すいぞうホルモン【膵臓ホルモン】

膵臓のランゲルハンス島から分泌されるホルモン。インシュリンとグルカゴン、ほか二種が知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいぞう‐ホルモン スイザウ‥【膵臓ホルモン】

〘名〙 (ホルモンはHormon) 膵臓の膵島のベータ細胞から分泌されるインシュリンと、アルファ細胞から分泌されるグルカゴンのこと。両ホルモンは拮抗的に作用して、血糖量を調節する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の膵臓ホルモンの言及

【ホルモン】より

…しかし,魚類から鳥類までの動物では独立の組織塊として存在する。(6)膵臓ホルモン インシュリン,グルカゴンの二つがある。前者はB細胞でプロインシュリンとして生産される。…

※「膵臓ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膵臓ホルモンの関連情報